外国人の英語と教材に書かれている英語

外国人が話す本物の英語と教材に書かれている英語は違うのですか?

本物の英語なんて覚える必要はない!

質問マーク

 

よく「この教材では外国人が話す本物の英語を学ぶことができます」という宣伝を見るのですが、本物の英語って何ですか?

 

普通の教材に書かれている英語とは違うのですか?

 

 

実際に外国人が普段話している言葉と僕達が日本で勉強している英語は違いますね。

 

ただ、「この教材では外国人が話す本物の英語を学ぶことができます」という宣伝は言っているだけの場合がほとんどです。
だって外国人が本当に話している言葉ってきれいなものじゃないので。

 

逆を感がてみればこの答えがよく見えてくる。

 

「この教材では日本人が話す本物の日本語を学ぶことができます」なんて教材があったとしたらその中身はひどいものだと思う。

 

「まじで」
「これ超やばくない?」
「なんでやねん」

 

まあ年齢にもよるけどもこんな言葉たちが日本人が本当に話している本物の日本語だと思う。
こんなものを勉強して何になるだろうか?
僕達がこんな日本語を外国人に話されたら笑ってしまうか、違う意味で感心してしまうかだ。

 

本物の英語ってものは確かにある。
だけど、それは本物の外国人が話す言葉で、勉強して英語を覚える自分達が話す言葉じゃない。

 

テレビを見ていると器用に日本語を話す外国人がいる。
彼らの言葉に注目してほしいのだが、みんな敬語を話しているはずだ。

 

「ワタシハ、ニホンニキテ、モウスグ、ハントシデス。」

 

「ニホンジンノ、オカシナトコロハ、ジブンノイケンヲ、カクスコトデス。」

 

これは本物の日本語じゃないけど無難な日本語だ。

 

別に僕達が英語を学ぶのならまずは無難な英語でいいはずだ。
そしてそれで満足できなくなったときが来たら本物の英語を勉強すればいい。
でもこれには本当に時間がかかるし使い方にも慎重にならないといけない。

 

まともに英語も話せないうちから本物の英語なんて学ぶ必要はこれっぽっちない。


ホーム RSS購読 サイトマップ