聞き取れるけど話せない

英語を聞き取れるけど話せません。どうすれば話せるようになりますか?

本当に聞き取れているのかが問題!

質問マーク

 

英語を聞き取れるけど話せません。

 

どうすれば話せるようになりますか?

 

 

 

よくある質問だけど、良い質問ですね。

 

まず逆に僕が質問をしたいことがあって、それは本当に聞き取れているの?ってこと。
なんか不思議なものでリスニングの場合は、本当は半分くらいしか聞き取れてないのに聞き取れたつもりになってしまっていることがよくある。
きっとこれは日本語訳を見てそれを理解できるから意味が分かってしまい、聞き取れたつもりになってしまっているのだと思う。
でも話す場合はそうはならない、自分の口から英語を話していないからやっぱり話せないと思ってしまう。

 

今本当に英語が聞き取れる、だけど話せないんだったら、話せるようになるまでの道のりは短いと思うからもうちょっと頑張ってみてはどうかな?
きっと今はリスニングが勉強の中心になっているはず、それをスピーキングを中心にしてみる、たぶんこれだけで解決できるはずだよ。
聞き取りができるなら単語とかは分かっているはず、だからあとは話す練習をしていくだけ。
むずかしいことじゃない。

 

だけど、自分では聞き取れているつもりでも本当は聞き取れていないのならもう少しリスニングを鍛え直した方がいいと思う。
やっぱりリスニングは英語の勉強の基礎中の基礎、絶対にできないといけない。
そのためにできることは同じ音を何度も聞いてその音をまずは完璧に聞けるようにしてしまうこと。
同じ音ばかり聞きこむから退屈に思えるけど、英語がうまい人はみんなこの道を通ってきているからやるしかない。

 

不思議なもので同じ音ばかり聞いているとそれが今度は話せるようになってくる。
このとき発音はだいたいでいい、それよりも大事なことは下手でも話すこと。

 

ただ聞いているだけだと同じものだから退屈、だけどこれを話してみると何と楽しいことか。
こんな具合に聞いたものを1つずつしっかりとマスターしていくことがリスニングにもスピーキングにもいいと思う。

 

今英語が話せないのはまだまだ聞き取りの量が足りないから、これは覚えておいてね。


ホーム RSS購読 サイトマップ